リハビリテーション

 理学療法士1名、言語聴覚士1名の配置で専門性を追求し提供できるように努めています。

物理療法機器は、疼痛緩和、浮腫改善の目的に使用します。原因は様々ありますが、温める・圧迫する・マッサージする・電気を流すなど治療にも色々あります。医師の指示のもと実施させていただきます。

(ウオーターマッサージ器、メドマ一、ホットパック、マイクロ波)

                

 ベッド型マッサージ器                              マルチ電気治療器                     ホットパック

                      

 マイクロ波                                     ドクターメドマー

 

 運動療法機器は、ADL向上を目的に使用します。プラットフォーム上で“寝返り””起き上がり“などを行います。当施設では自分から訓練ができるように自主訓練の器材も用意しています。

(階段昇降、平行棒、滑車、肋木など)

                

 階段昇降台                                 平行棒                                            滑車と肋木

                   

 チルトテーブル                        プラットフォーム                           電動サイクルマシン

 巧緻動作機器は、指先の訓練の目的で使用します。デジフレックスは“握力UP”・ペグは“つまみ動作”など、より小さい筋肉や関節の訓練をします。

(ペグ、輪投げ、お手玉、デジフレックスなど)

                   

 お手玉                                              デジフレックス                                    ペグ

              

 輪投げ                                                 滑車のオプション

 

このページの先頭へ